車検費用を比較する

車検費用を比較する

車を所有すると、2年に1度(新車では3年目)、車検で大きな出費が発生します。
車検は法律で決められているだけではなく、車を安全に乗るために必要です。

 

車検費用は車の重さや状態によって変わりますが、整備を依頼する業者によっても、費用が大きく変わってきます。

 

ここでは、車検費用の比較方法について詳しく解説します。

 

車検費用を比較するときの3つのポイント

 

車検費用を比較するときのポイントには、次のものがあります。

  • 消耗品の交換・修理の必要性など車の状態
  • 車検を依頼する業者の規模(指定・認証・その他など)
  • 各種手数料の単価

それぞれについて解説します。

 

車検見積は、実際に現車を見てもらう

車検費用は車の状態によって変わります。見積依頼する時は、実際に車を整備士に見てもらって、具体的な見積を出してもらいましょう。どれだけの部品を交換するかによって、車検費用が相応か、見極める事が必要です。

 

車検見積は、ほとんどの業者で無料対応してくれます。もし見積費用を請求される事があれば、違う業者を探しましょう。

 

新車購入後1回目の車検で走行距離が1万5千km以内程度であれば、ほとんど悪い所が無い場合もあります。この場合は電話やネット見積など、基本料金の確認だけでも問題ありません。

 

保安基準に適合するかが焦点

車検でどこまで部品交換をするかは、車検を通すための保安基準に適合しているかが重要です。保安基準に適合しない場合は、どこの業者を利用しても必ず部品交換をしなければいけません。

 

車検時に保安基準不適合になる主な事例

 

  • ライトの電球切れ
  • ライトレンズなど灯火類が割れている
  • タイヤの残り溝が2mm以下(スリップラインが出ている)
  • ブーツなど主要なゴムパーツの亀裂など
  • 不正改造
  • ガラスのひび割れ、大きい傷

 

保安基準に適合していても、安全性や次回車検や点検時まで持たない事を理由に、部品交換を勧められる場合もあります。

 

車検時に保安基準適合していても部品交換が必要になる主な事例

 

  • バッテリーが4年以上経過
  • タイヤの軽度はひび割れや、残り溝3〜4mm、ゴムの劣化など
  • ワイパーの劣化
  • エアコンフィルターの摩耗
  • 各種オイル交換
  • 傷の補修

 

オイルやワイパーなどは、車検の基本料金に含まれている業者もあります。オイルやワイパーなどは原則、1年以内のサイクル(走行距離にもよる)で交換する事が望ましいです。しばらく交換していなかった場合は、車検と一緒に最低限の消耗品交換をしておくとよいでしょう。

 

その他、今は大丈夫でも快適性や、次回の車検や点検時まで安全に乗るために、交換を推奨される場合があります。

 

部品交換の判断は業者によって異なる

車検見積をした時に部品交換がどこまで必要なのかの判断は、業者によって異なります。ディーラーなど車検費用が高いと言われている所は、ちょっとした摩耗でも交換を提案される事や、保安基準は通るのに、交換しないとダメだと説明されるケースもあります。

 

ディーラーであれば信頼できると感じる方もいますが、ディーラーの場合、整備売上もノルマが課されていて、強引に車検単価を高くしようとしてくる場合もあります。車検見積は、ディーラーだけではなく、民間の車検工場など、複数の業者で話を聞く事が望ましいです。

 

車検は工場内で検査できる場合と、陸運局に持ち込みが必要な場合がある

車検を行う整備工場は、主に次のものがあります。

 

指定工場 陸運局の代わって車検の検査を自社で行える
認証工場(認定工場)

車の整備や修理を行うための認証を取っていて、指定工場と同様の修理対応力を持っているが、車検は陸運局に持ち込んで検査を受けなければいけない。
なお法定点検が可能で、法定点検を受けた証のステッカーの発行まで可能。

その他の工場

指定も認証も取っていない一般の修理業者。なかには工場を持っていなくユーザー車検代行のみをしている業者もある。
価格は安いが、信頼性や対応力には不安がある。

 

利用する車検業者はできれば指定工場が望ましいです。自社で検査できるので土日の1日車検も対応ですし、検査をして不適合があっても、自社の工場内で修理・調整できます。また陸運局まで車を持ち込む手間がないので、効率がよく人件費も安いメリットがあります。

 

また、指定工場になるのは非常に難しく、長年認証工場で車検業務を行ってきた実績が必要です。指定工場を取っている時点で、信頼できる業者だと判断してよいでしょう。認証工場やその他の工場は、指定工場よりも車検費用を安くしている場合が多いです。ただし、陸運局まで自走することが多いので、ガソリンが減って戻ってくる事もあります。

 

車検を依頼する業者を選ぶ時は、指定か認証かを確認しておくようにしましょう。

 

車検費用の差額は手数料や部品代

車検費用の内訳は、大きく次のものがあります。

 

  • 法定費用
  • 各種手数料
  • 部品代
  • 工賃

 

法定費用については、車種や車の重量によって一律なので、どこの業者を利用しても同じです。
各種手数料は業者によって若干異なります。基本的に代行手数料と車検基本料金があります。

 

また交換する部品代や工賃の計算方式、割引率も業者によって異なります。同じ修理・交換をする車検でも、業者によって大きく料金が異なる場合があります。安い業者を利用した場合は、タイヤやオイルを価格重視でグレードの低いものを使っていたり、必要な交換部品をリビルド品(中古再生部品)を使って対応する事もあります。

 

車検を安くしたい場合は、手数料、部品代、工賃が安い業者を探しましょう。安心感を重視して、しっかり整備して車検を通したい場合は、純正部品を多様するディーラー車検が安心です。

少しでも安くするための、車検費用一括見積もりサービス

大手中古車情報サイトの「カーセンサー」では、車検費用一括見積もりサービスも行なっています。このサービスでは、@郵便番号、A車のメーカーと車名、を入力するだけで、近くの車検業者を探すことができます。

車検費用を比較する


自宅からの対象距離を指定して、業者を探すこともでき、私が利用したところ、自宅から20km以内に14件の業者を見つけることができました。その中には、ガソリンスタンド、ディーラー、車検フランチャイズ、カー用品店など様々な業者が入っていました。

さらに、検索画面ですぐに車検費用の目安額までわかります!

カーセンサーの車検一括査定はこちら


また、代車無料、クレジット可能、1DAY車検など、条件を追加して業者を絞り込むこともできます。さらに見積依頼の際、電話番号の入力は不要なので営業の電話が入る心配もありません。

これら業者の中から、自分が気になる業者を指定して、一括で見積もりを取ることができるため、一番安い業者を探すことができます。車検費用を安く抑えたい方にオススメです。