車検の有効期間・期限はどれくらい?

車検の有効期間・期限などについて

車検の有効期間は車種によって異なります。
車種ごとの車検の有効期間と、車検がいつから受けられるのかをチェックしておきましょう。

 

車種ごとの車検有効期間について

普通車の場合、新車であれば購入から3年目に車検を受けます。その後2年ごとに車検を受ける必要があります。有効期間が切れるまでに車検を受け、車検証を発行してもらわなければなりません。

 

また、車両総重量8トン以下の自家用貨物自動車は、初めての車検は2年後、それ以降は毎年車検を受ける必要があります。タクシーやバスなどの旅客運送自動車の場合や、11人以上乗れる大型車なども毎年受ける必要があります。

 

車検時期はこれでわかる

車検を受ける時期をいつだったか忘れてしまった場合には、車検のステッカー(車に貼っている四角いシール)や、送られてハガキ、車検証などでチェックしましょう。

 

有効期限が1年だったか、2年だったかを思い出すためには、車のナンバープレートを見てみましょう。登録地域と車の種類を示す数字が記入されていますが、車検有効期間が2年の車は10の桁か100の桁が「3・5・7・8」番、1年の車は100の桁が「1・2・4・6・8」番となっているようです。

 

また、検査後に発行される検査標章(車検のシール)は、車の目立つところに貼りつけておく必要がありますので、しっかりと貼っておくようにしましょう。

 

車検はいつから受けられるの?

車検は車検満了日の1ヶ月前から受けられます。1ヶ月前に受けても車検の有効期限が変わることはありませんので、早めに受けても損はありません。

 

また、車検は切れてから取ることもできます。又一ヶ月以上前に取りますとそこから2年となります。自賠責保険は車検期間より1日以上多くないと検査が合格となりません。必ず保険が車検のあとに切れます。

 

ただし、車検が切れている状態で車道を走ることはできないのでご注意下さい。

少しでも安くするための、車検費用一括見積もりサービス

大手中古車情報サイトの「カーセンサー」では、車検費用一括見積もりサービスも行なっています。このサービスでは、@郵便番号、A車のメーカーと車名、を入力するだけで、近くの車検業者を探すことができます。

車検の有効期間・期限はどれくらい?


自宅からの対象距離を指定して、業者を探すこともでき、私が利用したところ、自宅から20km以内に14件の業者を見つけることができました。その中には、ガソリンスタンド、ディーラー、車検フランチャイズ、カー用品店など様々な業者が入っていました。

さらに、検索画面ですぐに車検費用の目安額までわかります!

カーセンサーの車検一括査定はこちら


また、代車無料、クレジット可能、1DAY車検など、条件を追加して業者を絞り込むこともできます。さらに見積依頼の際、電話番号の入力は不要なので営業の電話が入る心配もありません。

これら業者の中から、自分が気になる業者を指定して、一括で見積もりを取ることができるため、一番安い業者を探すことができます。車検費用を安く抑えたい方にオススメです。