ユーザー車検の費用はこれだけ!

ユーザー車検の費用はこれだけ!

ユーザー車検は最も安く車検を行えます。
実際にユーザー車検の費用はいくら位なのでしょうか?

 

ユーザー車検にかかる費用の内訳としては次のようになります。

  1. 印紙代(検査手数料)
  2. 自動車重量税
  3. 自賠責保険料

 

では、それぞれの費用についてその金額を見てみましょう。

 

印紙代(検査手数料)

運輸支局場内の印紙・証紙販売窓口で、検査手数料分の印紙・証紙を購入します。
検査を行う手数料のようなものです。

 

  • 軽自動車:1,100円
  • 小型乗用車:1,700円
  • それ以外の車両:1,800円

 

自動車重量税

運輸支局場内の印紙・証紙販売窓口で、自動車重量税額分の印紙・証紙を購入します。
ちなみに、自動車重量税は車両重量によって納める税金です。

 

  • 軽自動車:8,800円
  • 〜1.0t:16,400円
  • 〜1.5t:24.600円
  • 〜2.0t:32.800円
  • 〜2.5t:41,000円

 

※重量税は減税対象車かなどによって異なります。詳細は国土交通省HPへ

 

自賠責保険料

自賠責保険は、料率区分が居住地域や車種、保険期間で異なります。
必ず加入が必要な物なのでお忘れなく。

 

  • 軽自動車:26,370円
  • その他の車:27,840円

 

以上を合計した金額がユーザー車検で最低限必要になる金額です。
軽自動車では3.5万円程度、中型自動車では5.5万円程度で車検が可能です。

 

しかし、整備が必要になった場合、これらの金額に整備に必要な金額が追加されます。

 

業者を利用した場合、整備・点検費用で〜5万円程度が必要になりますので、これよりも安くで行え、手間を惜しまない方にはユーザー車検はおすすめと言えます。

少しでも安くするための、車検費用一括見積もりサービス

大手中古車情報サイトの「カーセンサー」では、車検費用一括見積もりサービスも行なっています。このサービスでは、@郵便番号、A車のメーカーと車名、を入力するだけで、近くの車検業者を探すことができます。

ユーザー車検の費用はこれだけ!


自宅からの対象距離を指定して、業者を探すこともでき、私が利用したところ、自宅から20km以内に14件の業者を見つけることができました。その中には、ガソリンスタンド、ディーラー、車検フランチャイズ、カー用品店など様々な業者が入っていました。

さらに、検索画面ですぐに車検費用の目安額までわかります!

カーセンサーの車検一括査定はこちら


また、代車無料、クレジット可能、1DAY車検など、条件を追加して業者を絞り込むこともできます。さらに見積依頼の際、電話番号の入力は不要なので営業の電話が入る心配もありません。

これら業者の中から、自分が気になる業者を指定して、一括で見積もりを取ることができるため、一番安い業者を探すことができます。車検費用を安く抑えたい方にオススメです。