ユーザー車検とは?

ユーザー車検とは?

車検を最も安く行得る方法はユーザー車検です。ユーザー車検とは、その名の通りユーザーが自分でが陸運局に行き、検査を受けることです。

 

ユーザー車検を行うことの一番大きなメリットは、費用が安くですむことです。重量税、自賠責保険料、印紙代は必要ですが、それ以外の費用は基本的に必要ありません。そのため、車検業者に支払う手数料を支払わなくてすむため、安くで車検が可能なのです。

 

しかし、整備が必要な場合には、整備をしなければなりません。必要な整備がなされない限り、車検には通りませんので注意が必要です。そのため、自分で整備ができない場合、別途整備工場などに整備を依頼することになるため、かえって費用が高くなってしまうことがあるようです。

 

また、車検を行う陸運局じゃ平日しかあいていないため、土日に行うことができない点にも注意しておきましょう。ユーザー車検は、車検証の車検満了日の1月前から受けることができますので、期限にも気をつけて検査を行なって下さい。

 

ユーザー車検は、費用の面でのメリットは大きいのですが、自分で整備ができない場合や、利便性を考えると、必ずしも得ということも言えません。自分で整備ができる方や整備を安くで行う方法を持っている方にオススメの方法と言えます。

少しでも安くするための、車検費用一括見積もりサービス

大手中古車情報サイトの「カーセンサー」では、車検費用一括見積もりサービスも行なっています。このサービスでは、@郵便番号、A車のメーカーと車名、を入力するだけで、近くの車検業者を探すことができます。

ユーザー車検とは?


自宅からの対象距離を指定して、業者を探すこともでき、私が利用したところ、自宅から20km以内に14件の業者を見つけることができました。その中には、ガソリンスタンド、ディーラー、車検フランチャイズ、カー用品店など様々な業者が入っていました。

さらに、検索画面ですぐに車検費用の目安額までわかります!

カーセンサーの車検一括査定はこちら


また、代車無料、クレジット可能、1DAY車検など、条件を追加して業者を絞り込むこともできます。さらに見積依頼の際、電話番号の入力は不要なので営業の電話が入る心配もありません。

これら業者の中から、自分が気になる業者を指定して、一括で見積もりを取ることができるため、一番安い業者を探すことができます。車検費用を安く抑えたい方にオススメです。